質問:掲示板に沢山の人を呼びたい

以前は検索エンジンに登録する事がメインの宣伝方法でした。しかし、Googleが検索市場を独占してからはそういった方法はほぼ無意味となりました。

現在の宣伝方法は以下のような方法があります。

・地道に投稿や更新を行う


新しい投稿があれば自動的に当サービスのサイトマップに掲示板が掲載されます。(入場パス制限している掲示板は掲載されません)当サービスのサイトマップはGooglebotが毎日巡回に来ますので、自動でGoogleやYahoo!などの検索エンジンに掲載される仕組みとなっています。Google(及びGoogleのシステムを利用するYahoo!)は更新頻度の高いウェブサイトを上位表示する傾向がある為、頻繁に投稿や更新を行う事が検索エンジンで上位表示される秘訣となります。重要なのは投稿数では無く頻度です。Googleは最近の更新頻度を重視する傾向にある為、同じ投稿数でも暫く投稿の無い掲示板より、定期的に投稿・更新されている掲示板の方が掲載順位は圧倒的に優位となります。詳しくはGoogle等に掲載・上位表示したいをご確認下さい。

・他の掲示板で宣伝する


宣伝用の掲示板といったものがありますが、そういった掲示板は一般ユーザーが見ないのでいくら宣伝しても集客には繋がりません。一般ユーザーが利用する掲示板で宣伝した方が効果的です。例えば、投稿する際にURL欄がある掲示板はよく見かけると思います。そういった掲示板で盛り上がっている掲示板が狙い目です。宣伝したい掲示板と同ジャンルの掲示板であれば更に効果的です。露骨に宣伝するのでは無く、投稿のついでにURLを添える形が良いでしょう。

・SNSで紹介する


SNSの自己紹介欄でウェブサイトを紹介したり、ツイッター等でURLを添えてつぶやくのは今や定番の宣伝方法です。それなりにフォロワーがいないと効果は望めませんがフォロワーが多ければ効果的です。その肝となるフォロワーを増やすには色々な人をフォローしたりいいねするのが一番てっとり早い手段です。

・YouTubeで紹介する


YouTubeのマイチャンネルのホームや概要欄のリンクにウェブサイトを掲載する事が可能です。YouTuberも目指しつつサイトも宣伝したいという人に適した宣伝方法です。

・ブログで紹介する


ブログで紹介するのも一つの手段です。自身のブログでなくとも他人のブログへのコメントの投稿時にURL欄があれば記入させて貰いましょう。もちろん、露骨な宣伝目的では無くコメントするついでにURLを紹介させて貰う形です。


以上が一般的な宣伝方法です。以下は事業者向けです。

・LINEの公式アカウントを活用


LINEの公式アカウントを作って何かしらの手段で友達を増やして宣伝するという方法もあります。公式アカウントは個人でも審査無く開設できます。ただ、友達を増やす手段が無ければウェブサイトの宣伝以上に難しいです。

・メルマガで宣伝する


情報発信といえば今やSNSが主流ですが、メルマガも存続しています。情報発信が得意分野であればメルマガで成功する場合もあります。メールが衰退した今では購読者を増やすのは至難ですが、もしメルマガで成功すれば関連するウェブサイトも成功したようなものです。

・広告を出稿する


TwitterなどのSNSへの広告は高単価でハードルが高いですが、Google広告やYahoo!広告はそこそこ手軽に広告が出せます。検索結果への出稿がメインとなりますが、広告が殆ど出ていないマイナーな検索ワードへの出稿であれば1クリック20円未満でも可能です。収益性の見込めるサイトや再訪率の高いサイトでしたら広告の出稿を検討しても良いでしょう。